カートをみる ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

店長からのコメント

店長いご夫妻

こんにちは店長の松永です。

最近は本物の珈琲が飲みたいと願う人が増えてきました。
その願いに答えようと各店でオリジナルコーヒーが作られています。
うちのお店にもオリジナルブレンドコーヒーがあります。
コーヒー豆の産地は世界中に散らばっています。
そのため豆には個性があります。
単独の豆のストレートコーヒーは美味しいですが、ブレンドしてもっとおいしコーヒーを飲んでもらいたい、と願うのがコーヒー屋さんの気持ちです。
なんどもなんども思考錯誤しながらでき上がったコーヒーは、飲んでもらいたいコーヒーです。
お客様がこられてオリジナルコーヒーを注文してくださいます。
嬉しくてとくに丁寧にいれたくなったりします。
飲まれる様子をみながら心は喜びでいっぱいになりそうです。
このコーヒー美味しいとお客様の声を聞いた瞬間 こころから喜びがあふれ出てきます。
おもわず私の顔が喜びの笑顔になっています。
コーヒーを通して心が通い合う素晴らしい瞬間を与えてくださったことを感謝しています。


※店長のこだわり※

美味しいコーヒーを作るために師匠直伝の方法を頑固に守り続けています。
 コーヒー豆も農産物なので農薬や、ゴミ、石が混ざっています。
これが雑味、いぐ味などの原因になり、焙煎機の痛みにもなります。
農薬などを取り除くには綺麗に洗うしかありません。
洗うと乾燥しなければいけません。
沢山の豆を洗うと乾燥する場所が必要になり、太陽が出ることを切に願います。
店の前庭に豆を広げます。
雨が降りそうな時は、いつも外の様子が気になります。

雨だ・・・すぐに外に飛び出て、乾燥途中の豆をなかに取りいれます。
どんなに大変でもこれだけは必ず、年中一日も休まず続けています。
雨降りの日はできません。
そんなときは、早く止んで欲しいな・・・と思いながら空を見つめています。


※ コーヒー豆は農産物です※

どんなに綺麗に見えても、野菜は汚れています。
製品に作るために、最初にもう一度水洗いをします。
汚れだけではなく、殺虫剤等を使っている場合もありますので丁寧に水洗いをします。
乾燥したあとにハンドピックでさらに良い豆だけのこし不良豆、などは取り除きます。
雑味、いぐ味の原因になるからです。
しかし、大量の豆を洗って、乾燥する作業は大変な作業になります。
この一連の流れをしっかりとするのとしないのとでは味に違いが出てきますのでしっかりとしています。
寒さ、手を抜きたいいろいろな自分の心との戦いです。
自分を乗り越えていく力は、お客様の美味しいのひとことです。
手厳しいことばも、自分を奮い立たせてくださる声として、感謝してはげんでいきます。


※気がついた事※

小学校に上がった頃祖母の家をたずねると大歓迎をしてもらいました。
祖母は料理を作って出してくれるのですが、その料理の甘いこと、今でも鮮明に覚えています。
なんでこんなに甘いのかと父に聞くと、戦後は砂糖がなっかたので、甘味は大変なご馳走だったということです。

少し前はコーヒーもインスタントが主流であったし砂糖を沢山入れて飲むのが当たり前のようでした。
今では本格的なコーヒーを飲みたい人が増えてきています。
ミルクも砂糖もほどほどにして本物の大自然の恵みを本格的なコーヒーとして味わいたいということでしょうか。
とても喜ばしく、嬉しくなります。
本物のおいしさを感じた時にはおもわずニッコとしてしまいます。
コーヒーの育ってきた、自然環境、育てるために関わってきた多くの人々、こんなに素晴らしい贈り物ありがとうございます、と感謝したくなります。

ページトップへ