https://cabinet.rms.rakuten.co.jp/shops/puroteajapan/cabinet/06159906/06169789/imgrc0067539129.jpg
 


 

ブラジルのブルボンコーヒーは通販で購入可能 様々な品種のコーヒー豆を扱うブラザーズ・コーヒー

ブラジルで栽培されているブルボンコーヒーは、どんな品種なのでしょうか?
こちらでは、自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーが、ブルボン種の品種の特徴と通販で購入可能なブルボンコーヒーについて解説します。

ブルボンコーヒーに使用されるブルボン種は貴重な品種

コーヒー豆と挽いたコーヒー

代表的なコーヒーの木には、アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種などがあります。アラビカ種として知られているコーヒーの木の代表としてはティピカ種がありますが、ブルボン種はこのティピカ種が突然変異して誕生した種類と言われています。

ブルボン種は2年に1回しかコーヒーチェリーを収穫できず、また病気にも弱い木のため、ブルボン種を品種改良したほかの種類も多く出回っています。現在ブラジルで主流となっているのは、ティピカ種とブルボン種を掛け合わせたムンド・ノーボという種類です。

ブルボン種はムンド・ノーボを含めたブラジルで生産されているコーヒーの原型とも言われており、小粒で丸みを帯びたコーヒー豆が特徴です。

自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーでは、この貴重なブルボンコーヒーの通販も行っています。ブラジルブルボンコーヒーの持つ苦味とコクを最大限に引き出し、甘みを感じられるフルシティローストで焙煎している人気の商品の1つです。

ブラジルブルボンコーヒーはこちら

通販で購入できるブルボンコーヒーを紹介

こちらでは、通販で購入できるおすすめのブルボンコーヒーを紹介します。

苦味と甘味のハーモニーを楽しめる「ブラジルブルボンコーヒー」

会社名 ブラザーズ・コーヒー
商品名 ブラジルブルボンコーヒー
価格 1,200円
内容量 200g
挽き方 選択可能
商品詳細 独特の焙煎方法を用いることで甘みとコクを引き出しています。粉タイプは二段階のミル工程でクリアな香りと、苦味と甘味のハーモニーを楽しめます。

中煎りで焙煎した「ブラジル フクダトミオ ブルボン」

会社名 株式会社ピースフードサービス
商品名 ブラジル フクダトミオ ブルボン
価格 1,040円
内容量 200g
挽き方 選択可能
商品詳細 香ばしさと甘さを活かすために中煎りで焙煎、バランスのとれた味わいとなっています。

浅煎りから深煎りまで選べる「ブラジルブルボン」

会社名 有限会社 掛川一風堂
商品名 ブラジルブルボン
価格 1,192円
内容量 200g
挽き方 選択可能
商品詳細 焙煎法は浅煎りから深煎りまで選べるので、自分好みにカスタマイズすることが可能です。

2〜3週間じっくりと陰干しさせた「生豆ブラジル・ブルボン」

会社名 株式会社 セイコー珈琲
商品名 生豆ブラジル・ブルボン
価格 1,300円
内容量 500g
挽き方 生豆
商品詳細 ブルボン100%の貴重な生豆です。2〜3週間じっくりと陰干しさせることで、ほかでは感じられない甘みとコクを引き出しています。

柔らかい酸味・甘み・キリッとした苦味・コクが特徴の「ブラジルブルボン」

会社名 株式会社 フレッシューロースター 珈琲問屋
商品名 ブラジルブルボン
価格 690円
内容量 200g
挽き方 選択可能
商品詳細 柔らかい酸味と甘み、そしてキリッとした苦味とコクが特徴です。挽き方や焙煎方法は細かくオーダー可能です。

ブルボンコーヒーは流通量が少ない貴重なコーヒーですが、日本でも通販で購入が可能です。未体験の方はぜひブラザーズ・コーヒーにお問い合わせください。ブルボンコーヒーの味を最大限に引き出す方法で焙煎しており、ドリップバックの取り扱いもありますので、器具がない方でも簡単に楽しめます。

ブラジルブルボンコーヒー本来の苦味とコクを楽しみましょう 高品質なコーヒー豆を販売するブラザーズ・コーヒー

たくさんのコーヒー豆

ブルボン種から派生して生まれたコーヒー豆も多いですが、ブルボン種特有の苦味やコク、そして豊かな香りはほかの種類では楽しめません。苦味の裏に隠れている上質な甘みは、コーヒー通だけでなく、ブルボンコーヒー未体験の人も虜にします。

自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーでは、ブラジル産のブルボンコーヒーをはじめ、人気の銘柄やブレンドコーヒーを取り扱っています。通販で美味しいコーヒー豆をお探しの方は、ぜひお買い求めください。

人気のブラジルブルボンコーヒーなら通販の「ブラザーズ・コーヒー」へ

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

ブラジルブルボンコーヒーはコクと苦味が特徴 通販でお探しならブラザーズ・コーヒーへ

ブラジルで生産されているブルボンコーヒーをご存知でしょうか?
コクと苦味が特徴的なブルボンコーヒーは、希少価値がある人気のコーヒーです。
こちらでは、自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーが、ブルボンコーヒーの歴史や特徴、味わいについて解説します。

ブルボンコーヒーの歴史について

3つのコーヒーをドリップする

ブルボンコーヒーの始まりは、1715年まで遡ります。ユニオン島というインド洋に浮かぶ島に、宣教師の手によってイエメンからコーヒーの木が持ち込まれました。当時ユニオン島はブルボン島と呼ばれていたため、この木にブルボン種という名前がつけられたと言われています。

1800年頃に入るとユニオン島に移植されたブルボン種は、再び宣教師の手によって様々な地域に持ち込まれるようになります。1800年代後半に宣教師がケニアからアフリカ全土に布教を始めるようになり、それと同時にブルボンもアフリカ各国で根付いていきました。

また1860年代頃宣教師は南米にも足を伸ばし、ブルボンは現在のブラジル・サンパウロあたりに持ち込まれています。これをきっかけに南米全域でブルボン種のコーヒー栽培が広がるようになりました。

そこから現在までブラジルを中心にブルボン種の栽培は続いていますが、生産性の低い種なので改良されたものが出回るようになりました。しかしブルボン種本来のもつ品質を保護しようという取り組みが始まり、近年その機運が高まっています。

自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーでは、スペシャリティコーヒーに認定されているブラジル産のブルボンコーヒーを取り扱っています。フルシティローストで焙煎されたブルボンコーヒーは、コーヒー通の方からも評価が高い人気商品です。

ブラジルブルボンコーヒーはこちら

ブルボンコーヒーの味わいについて しっかりとした苦味と深いコクが特徴

白いコーヒーカップに淹れたコーヒー

古い歴史をもつブルボン種ですが、実は2年に1回しかコーヒーチェリーが収穫できない品種で、病気にも弱い繊細な木です。栽培にも手間がかかりますし、希少価値のあるコーヒーとして知られています。

こういった背景もあることから、市場やカフェでは100%のブルボンコーヒーはあまり出回っていません。しかし現在品種改良されていないブルボン種を保護しようという動きがあるため、今後は見かける機会が増える可能性はあります。

ブルボンコーヒーはしっかりとした苦味と深いコク、そしてマイルドな酸味が特徴です。ただ苦味が強いだけではなく、その中に甘みを感じられる上質な味わいなので、一度飲むと病みつきになってしまいます。コーヒーが苦手という人でも、ブルボンコーヒーなら飲めるという人がいるほど、飲みやすいコーヒーです。またコーヒーを淹れると漂う芳醇な香りも特徴と言えるでしょう。

まだまだ貴重な存在であるブルボンコーヒーですが、自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーでは100%のブルボンコーヒーを取り扱っています。なかなか手に入りづらい銘柄なので、ブレンドされたものが市場に出回っていますが、本当のブルボンコーヒーの味わいを楽しむには100%のブルボンコーヒーがおすすめです。
ブラザーズ・コーヒーでは良質なブルボンコーヒーのコクと甘みをより引き出すために、フルシティーローストで焙煎しています。バランスのいい苦味・酸味・甘みとキレがあってクリアな味わいをぜひ一度お試しください。

貴重なブラジルブルボンコーヒーを飲むならブラザーズ・コーヒーで

その生産性から貴重なコーヒーとなっているブルボンコーヒーですが、飲みやすいバランスのいい味わいと苦味の後ろに隠れる甘みはお客様からも好評をいただいています。独自の焙煎方法で引き出したブラザーズ・コーヒーのブルボンコーヒーは、ほかでは味わうことができません。
ブラザーズ・コーヒーでは、ブラジル産のブルボンコーヒー以外にも様々な人気銘柄を自家焙煎して通販で販売しています。手軽に本格コーヒーを楽しめるドリップバックも販売中です。コーヒーに関するお問い合わせも承っていますので、「この銘柄に合った器具が知りたい」「銘柄にあった湯温が知りたい」などといったご相談も大歓迎です。

コクのあるブラジルブルボンコーヒーをお探しならこだわり製法の「ブラザーズ・コーヒー」へ

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

自家焙煎スペシャリティコーヒーの始まり 上質なコーヒー豆を扱うブラザーズ・コーヒーのこだわり

スペシャリティコーヒーはどのようにして始まったかご存知でしょうか?
自家焙煎コーヒーの通販を行なっているブラザーズ・コーヒーが、スペシャリティコーヒーの始まり、そしてCOE(Cup of Excellence)の意味を解説します。

スペシャリティコーヒーの始まりは消費者の基準から

ハートに並べたコーヒー豆と手で覆ったホットコーヒー

一般的に、コーヒーの品質は生産者が定めたものです。味わいではなく、農園のある場所の標高や豆の大きさ、均一さなどから決められた基準です。

しかしスペシャリティコーヒーは、消費者が飲んで美味しいと満足できるコーヒーであることが最優先されています。スペシャリティコーヒーとして認められるためには、テイスティングが行われ、一定以上の評価を得なければいけません。

生産者が定める基準ではなく、消費者目線の基準を満たしたコーヒーがスペシャリティコーヒーになるのです。生産者にこの消費者目線の基準を受け入れてもらうために、品質の良いものを高い価格で買い取る仕組みづくりがなされています。

どれだけ上質と言われるコーヒーであっても、飲んで美味しくなければ意味がありません。

ブラザーズ・コーヒーでは、自家焙煎をして美味しいと納得できた商品だけを販売しています。自家焙煎のスペシャリティコーヒーに興味があるという方は、ぜひご注文ください。

スペシャリティコーヒーのCOEとは?

コーヒーカップの周りを囲うコーヒー豆

生産者に消費者目線のコーヒーの品質基準を受け入れてもらうために、色々な取り組みがなされています。その一つで最高権威とされているのが、スペシャリティコーヒーの品評会であるCOE(Cup of Excellence)です。

国内・国際審査員による厳正な審査によって最高品質と認められたコーヒーだけに与えられる称号で、最低5回実施される品評会で連続して高得点を獲得したコーヒーのみに授けられる栄誉ある称号となっています。このCOEの称号を与えられたコーヒーは、インターネットオークションにかけられ、最高値をつけた人の元に売られます。そのためCOEを授けられたコーヒー農園は、高い評価だけでなく、高い報酬も手にすることができる仕組みです。このような仕組みを作ることで、生産者のモチベーションをあげ、より上質なコーヒーが誕生しています。

またオークション参加者も良質なコーヒーを手にすることだけを目的としているのではなく、このオークションを通して生産者と繋がることを目的としています。入札後に実際に現地に足を運び、長期的な契約をすることで、生産者に安定した収益を与えている入札者も少なくありません。

ブラザーズ・コーヒーでもハワイの品評会で優勝した「アロハキングコーヒー」をはじめ、こだわりのスペシャリティコーヒーを多数取り扱っています。

ブラザーズ・コーヒーのこだわりや強み

ブラザーズ・コーヒーは、ほかでは手に入らない上質な自家焙煎コーヒーをお客様に提供しています。

コーヒーはすべて、オーナーが豆を仕入れ、自らの手で焙煎を行なっています。焙煎はただ豆を煎れば良いというものではなく、その工程にも技術が必要です。それぞれの豆の特徴に合わせた焙煎で、コーヒー豆本来の美味しさを引き出しています。焙煎したコーヒー豆は、豆・粉・ドリップコーヒーとして販売していますので、お客様のご要望に合わせて購入していただくことが可能です。

特にハワイコナコーヒーは、オーナーの友人が経営している農園で栽培されたものを厳選して輸入しています。なかでも「アロハキングコーヒー 」は品評会の優勝実績もあり、味・香りともに最高級のハワイコナコーヒーです。

コーヒー通の方にも、今までコーヒーにこだわりはなかったけれど自家焙煎コーヒーを楽しんでみたいという方にも必ず満足していただけるコーヒーです。人気銘柄はもちろんブレンドコーヒーも用意していますので、興味がある方はぜひご利用ください。

こだわりの製法について

自家焙煎の上質なスペシャリティコーヒーで優雅な時間を

コーヒーと言ってもピンからキリまでありますが、本当に美味しいコーヒーはホッと一息つけるような優雅な時間を与えてくれます。今までスペシャリティコーヒーを飲んだことがない方にとって、スペシャリティコーヒーはコーヒーの概念を大きく変えるものとなるでしょう。

ブラザーズ・コーヒーでは、上質な豆だけを厳選し、こだわりの製法で焙煎を行っています。コーヒーの銘柄や商品に関してなどご質問があれば、いつでもお問い合わせください。

スペシャリティコーヒーを嗜むなら自家焙煎の「ブラザーズ・コーヒー」

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

自家焙煎スペシャリティコーヒーとは?品質基準・味わい・変遷について

「スペシャリティコーヒー」という言葉を聞いたことのある人はいらっしゃいますか?
名前のとおり、スペシャルなコーヒーのことだとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャリティコーヒーと名乗るには、様々な品質基準をクリアしなければいけません。
こちらでは、自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーが、スペシャリティコーヒーの定義や品質基準、そして味わいについて解説します。

スペシャリティコーヒーとは品質の高いコーヒーのこと

白いコーヒー豆

スペシャリティコーヒーとは、コーヒー本来の持つ魅力を最大限に引き出した高品質なコーヒーのことです。

コーヒーが私たちの生活に根付き、大量生産・大量消費されるようになると、品質よりも価格が優先されるようになりました。しかし低価格のコーヒーが出回ることで、生産者の収入と地位が著しく低下するようになり、その結果土壌も荒れ、コーヒーの消費が減ってしまったのです。

そこでその価値を見直そうと、高い品質を求めて生まれたのがスペシャリティコーヒーです。スペシャリティコーヒーは、コーヒー本来の持つ魅力を最大限に引き出した高品質なコーヒーで、このスペシャリティコーヒーの誕生により、発展途上国であるコーヒー生産地も栄えるようになりました。

生産地で経済的な不安がなくなったことで、生産者はより手間暇をかけた高品質のコーヒーが栽培できるようになり、それによって消費者である私たちは素晴らしいコーヒーを楽しめています。

自家焙煎のコーヒー通販を行っているブラザーズ・コーヒーでも、高い品質が認められたコーヒーを取り扱っています。決して安い価格ではありませんが、本当のコーヒーを楽しみたいという本物志向の方から注文をいただいています。

スペシャリティコーヒーの味わいや基準について

並んだ5つの金の星

スペシャリティコーヒーは世界的に基準が定められているわけではありませんが、日本ではSCAJ(Speciality coffee association of Japan)という団体がスペシャリティコーヒーの基準を定めています。SCAJによると、スペシャリティコーヒーとは「消費者が美味しいと感じるコーヒー」で、徹底した生産・品質管理が行われた「欠点豆の限りなく少ない豆」から作られたコーヒーです。そしてコーヒーを淹れる器具やカップなども高いクオリティが求められています。

これらを見極めるために7つの項目が用意されていて、テストを通してそのすべての項目を満たしたものがスペシャリティコーヒーとして認められているのです。7つの項目は以下のとおりです。

カップクオリティ

コーヒーの味わいや香りを邪魔しないカップや器具が求められます。

甘さ

コーヒーチェリーとして収穫された際の熟度と熟度の均等が取れているかで判断されます。また糖度による甘さではなく、苦味・酸味・渋みの比較による甘さで見極められます。

酸味の特徴

コーヒーのフレッシュな酸味を感じられるかどうかが判断基準となります。爽やかでキレのある酸味を感じられるかどうかが大切です。

口に入れたときの質感

口に含んだときの濃さ、重さ、粘り気、なめらかな舌触りなどで判断されます。

風味

生産地のコーヒー豆本来の風味が感じられるかどうかが判断基準です。これにより、理想的な精製工程を経ているかが判断されます。

後味

コーヒーを飲み込んだ後にコーヒーの甘い後味を残すのか、それとも不快感のある刺激があるのかで判断されます。

味のバランス

コーヒーの味、香り、風味など全体的なバランスが取れているかで判断されます。

銘柄によって特徴も異なりますが、すべての基準を満たした味わい豊かなコーヒーのみがスペシャリティコーヒーとして認められています。

ブラザーズ・コーヒーでは、コーヒーの有名な生産地の中でも厳選した指定農園で栽培されたコーヒー豆のみを自家焙煎しています。それぞれのコーヒーの特徴を生かした度合いで焙煎したコーヒーだからこそ、自信を持ってお客様に届けられるのです。

こだわりの製法について

スペシャリティコーヒーの誕生からこれまでの変遷

スペシャリティコーヒーは、1978年に「特別な地理的環境が生み出す微小気候がもたらす、特徴的な風味特性を持った新しいカテゴリーのコーヒー」に対し、クヌッセンコーヒー社のエルナ・クヌッセンス女史によって使われた名称です。

当時世界最大のコーヒー消費国であったアメリカは、市場の需要をカバーするために大量のコーヒーを調達する必要がありました。そのため質より量を追い求めるようになり、コーヒーの価値は著しく低下していったのです。その結果コーヒーの味も落ち、コーヒーは消費されなくなっていきます。またソフトドリンクが普及したことで、コーヒーは人気のない飲料になってしまったのです。

このような背景があったことで、世界各国でコーヒーの価値を取り戻そうという動きが活発になりました。コーヒーは安くて美味しくないものではなく、付加価値をつけることでその価値を取り戻そうとしたのです。実際に生産地に出向き、付加価値となるような高い品質のコーヒーを栽培させ、消費者にはコーヒー本来の魅力を伝える取り組みがなされました。その努力の結果、コーヒーは新しい価値を持ったスペシャリティコーヒーとして見直されるようになったのです。

コーヒーの価値が高まることで、生産者の労働状況も改善され、各国のコーヒー農園が、それぞれの土地の特性を生かしたコーヒーを作ろうと努力するようになりました。より良いコーヒーを生産できるように品種改良や土壌開発なども盛んに行われ、さらなる進化を遂げています。

自家焙煎の高品質スペシャリティコーヒーはブラザーズ・コーヒーへ

スペシャリティコーヒーの価値を多くの人が感じている現在、それぞれの生産地ではより高品質で価値のあるコーヒーを生産しようと日々努力が重ねられています。これからもスペシャリティコーヒーは進化を続けていくでしょう。

ブラザーズ・コーヒーでは、各生産地の中でもより厳選されたコーヒー豆のみを自家焙煎しています。コーヒーの持つ特徴を生かすように焙煎したコーヒーは、お客様の生活に彩りを与えることでしょう。人気銘柄からブレンドまで取り揃えていますので、自家焙煎のコーヒー豆をお探しの方は、お気軽に通販をご利用ください。

高級スペシャリティコーヒーを自家焙煎している「ブラザーズ・コーヒー」

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

自家焙煎スマトラマンデリンのグレードや美味しい飲み方 香りも楽しめるコーヒー豆をお探しなら

インドネシアで希少価値があるコーヒーとして知られるスマトラマンデリンは、どのような等級分けをされているのでしょうか。
こちらでは、自家焙煎コーヒーの通販を行っているブラザーズ・コーヒーがスマトラマンデリンのグレード、美味しい飲み方、そして通販で購入可能な5種類のスマトラマンデリンを紹介します。

スマトラマンデリンのコーヒーのグレード

赤く熟したコーヒーの実とコーヒー豆

スマトラマンデリンを含めインドネシア産のコーヒーは、インドネシアの定める基準によって5つにグレード分けされています。

グレードは、300gのコーヒー豆の中にどれだけ欠点豆があるかどうかで判別されます。欠点豆の数が0〜3個だったコーヒーのみが、最高等級の「G1(グレードワン)」の等級を与えられます。欠点豆の数が増えると等級が下がっていき、「G2」から「G5」までがインドネシアのコーヒーの等級として定められているのです。

またスマトラマンデリンに関しては、スマトラ島内のアチェ地区とタケンゴン地区の中で標高が1400〜1900mの場所で栽培されたもののみ、「スーパーグレード」という等級が与えられます。このスーパーグレードに格付けされたコーヒーは、スマトラマンデリンの中でもかなり貴重なコーヒーとして高く評価されています。

スマトラマンデリンのコーヒーが希少な理由

インドネシアは世界でも5本の指に入るコーヒーの生産量を誇っていますが、スマトラマンデリンはインドネシアのコーヒー生産量のわずか5%というかなり貴重なコーヒーです。インドネシアでは、1908年に「さび病」が発生しコーヒー栽培にも壊滅的な被害をもたらしました。今栽培されているスマトラマンデリンは、そのときに生き残ったコーヒーの木から収穫されているのです。

ブラザーズ・コーヒーでは、自家焙煎で深煎りしたスマトラマンデリン「クイーンスマトラマンデリン」を取り扱っています。

クイーンスマトラマンデリンはこちら

スマトラマンデリンのおすすめの飲み方

淹れたてのコーヒーとビスケット

コクと苦味がしっかりあるスマトラマンデリンは、どのようにして飲むと一番美味しく楽しめるのでしょうか。

浅煎りはブラックがおすすめ

ミディアムローストやハイローストなど浅煎りのスマトラマンデリンも市販されていますが、こちらは苦味やコクが抑えられていて、スパイスのような香りとフルーティーな酸味を楽しめます。こちらはブラックで楽しむのがおすすめです。

深煎りはカフェオレによく合う

スマトラマンデリンは、シティローストやフレンチローストといった深煎りで市販されているものが多いです。スマトラマンデリン特有の苦味とコクを生かした焙煎方法で、深煎りしてもえぐみが出ません。深煎りのスマトラマンデリンを楽しむのであれば、カフェオレやカフェラテがおすすめです。スマトラマンデリンの苦味とコクがミルクとマッチして、最高のバランスを生み出します。
深煎りしたスマトラマンデリンは、甘いスイーツとの相性が抜群にいいことでも知られています。スイーツやフルーツの甘さとスマトラマンデリンの強い苦味と深いコクがマッチして、なんとも言えないハーモニーが生まれます。甘いものが苦手という人でも、スマトラマンデリンが甘ったるさを抑えてくれるでしょう。

ブラザーズ・コーヒーで取り扱っている香り高いスマトラマンデリン「クイーンスマトラマンデリン」は、深煎りのフルシティローストで自家焙煎しています。ブラックとしてももちろんお楽しみいただけますが、カフェオレやカフェラテとしてもお楽しみください。

通販で購入できる自家焙煎スマトラマンデリンを紹介

それでは通販で購入できる自家焙煎のスマトラマンデリンの中から、おすすめの商品を5つご紹介します。

スマトラマンデリンの持つ強い苦味と深いコクを最大限に引き出した「クイーンスマトラマンデリン」

会社名 ブラザーズ・コーヒー
商品名 クイーンスマトラマンデリン
価格 1,300円
内容量 200g
挽き方 選択可能
商品詳細 フルシティローストで、スマトラマンデリンの持つ強い苦味と深いコクを最大限に引き出した商品です。

しっかりとした苦味やコクを感じられる「スマトラマンデリンG-1」

会社名 コスモステージ有限会社
商品名 スマトラマンデリンG-1
価格 800円
内容量 200g
挽き方 選択可能
商品詳細 しっかりとした苦味やコクを感じられ、目覚めの一杯としておすすめです。

クリーミーで苦味が抑えられている「スマトラマンデリン(浅煎り)」

会社名 フォレスト自家焙煎コーヒー豆店
商品名 スマトラマンデリン(浅煎り)
価格 1,080円
内容量 200g
挽き方 選択可能
商品詳細 クリーミーで苦味が抑えられているので、苦いコーヒーが苦手という方にもおすすめです。

コーヒー通から「クセになる味」として人気がある「スマトラマンデリン」

会社名 有限会社 珈琲物語
商品名 スマトラマンデリン
価格 955円
内容量 150g
挽き方 選択可能
商品詳細 コーヒー通から「クセになる味」として人気があるこだわりの自家焙煎です。

程よい酸味と深い味わいを演出した「インドネシア・スマトラ・マンデリン」

会社名 有限会社オールド・マーケット
商品名 インドネシア・スマトラ・マンデリン
価格 700円
内容量 100g
挽き方 選択可能
商品詳細 2種類の焙煎度をブレンドすることで、程よい酸味と深い味わいを演出しています。

クリアな苦味で香り豊かなスマトラマンデリンを楽しむならこだわりの自家焙煎 様々な銘柄のコーヒー豆を販売するブラザーズ・コーヒー

スマトラマンデリンは希少価値の高いコーヒーでありながらも、購入しやすい価格なのも魅力です。目が覚めるような苦味の強いコーヒーが欲しいという方は、ぜひスマトラマンデリンを試してみてください。

自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーでは、深煎りのスマトラマンデリンを取り扱っています。二段階のミル工程で挽いた自家焙煎スマトラマンデリンは、ほかでは感じることのできないクリアな苦味と豊かな香りが楽しめるとして好評です。ぜひお気軽にお買い求めください。

自家焙煎のスマトラマンデリンを楽しむならこだわり製法の「ブラザーズ・コーヒー」

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

自家焙煎のクイーンスマトラマンデリンを販売 スマトラマンデリンの産地や精製方法 コク・苦味があり酸味が少ない

クイーンスマトラマンデリンは酸味が少なく、苦味・香り・コクを兼ね備えたコーヒー豆です。
こちらでは、自家焙煎コーヒーの通販を行っているブラザーズ・コーヒーが、スマトラマンデリンの産地や精製方法、風味について解説します。

クイーンスマトラマンデリンの産地や名前の由来について

コーヒースプーンで掬ったコーヒー豆

コーヒーの産地と言えばアフリカや南米が有名ですが、実は東南アジアでも質の高いコーヒーが栽培されています。スマトラマンデリンはインドネシアにあるスマトラ島で栽培されているコーヒーです。スマトラ島に住んでいるマンデリン族が栽培を始めたことから、スマトラマンデリンという名前がつけられました。

スマトラ島の中でもスマトラマンデリンの農園があるのは、一部の限られた場所のみとなっています。生産地として有名なのは、標高1200メートルの場所に位置するリントン地区です。この地区は、雨量が豊富な地域でのみ育てることができるアラビア種の産地として知られています。このエリアには多くのコーヒー農家があり、一年を通してスマトラマンデリンが収穫されているのです。

インドネシアは世界5位以内に入るほどコーヒーの生産量が多いのですが、スマトラマンデリンとして出荷されるアラビア種は全体の生産量のわずか10%という貴重なコーヒーでもあります。

自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーでは、クイーンスマトラマンデリンを取り扱っています。深煎りのフルシティローストで、しっかりとコクが感じられるコーヒーです。

クイーンスマトラマンデリンはこちら

スマトラマンデリンの精製方法

スマトラマンデリンはスマトラ島で栽培されているというだけでなく、その精製方法にも特徴があります。スマトラマンデリンはスマトラ式と呼ばれる、ほかでは見られない製法で精製されているコーヒー豆です。

一般的にコーヒーの生豆を精製するときは、収穫したコーヒーチェリーのパーチメント(種子部分の皮)を残した状態で乾燥させ、その後脱穀します。しかしスマトラマンデリンは、パーチメントを取り除いてから乾燥させる製法を取っているのです。このスマトラ式は世界的に見ても珍しいコーヒーの精製方法です。

スマトラマンデリンを含め、インドネシアで精製されたコーヒー豆は、欠点豆をスクリーニングしてコーヒーの格付けがなされます。インドネシア産のコーヒーで一番グレードが高い等級は「G1」です。

ブラザーズ・コーヒーでは、厳選したコーヒー豆を自家焙煎して販売しています。ブラザーズ・コーヒーで取り扱っているスマトラマンデリンは、「クイーンスマトラマンデリン」というマンデリンの中でも最高級のものです。そのほかにも様々な銘柄の商品を自家焙煎して販売しています。

コクと苦味を楽しみたいなら深煎り、酸味を楽しむなら浅煎り

手で覆ったホットコーヒー

スマトラマンデリンの味の特徴は「しっかりしたコクと苦味」です。とくに深煎りのスマトラマンデリンは重さと深みのあるコクに加え、強めの苦味をしっかり感じられます。

コーヒー豆の中には、深煎りしてしまうことでえぐみが出てしまうものもあるのですが、スマトラマンデリンは深煎りしても、豆本来の持つハーブやシナモンのようなフレーバーをきちんと感じられるのが特徴です。深煎りコーヒーを好む人が多い日本では、深煎りしても豆本来の美味しさが残るスマトラマンデリンは根強い人気があります。

その深いコクと苦味をより楽しむために深煎りにして販売されていることが多いスマトラマンデリンですが、実は浅煎りでも美味しくいただくことができる銘柄です。浅煎りのスマトラマンデリンは、柑橘系の酸味とシナモンのようなフレーバーを持った個性的な味わいになっています。

ブラザーズ・コーヒーで取り扱っている自家焙煎のクイーンスマトラマンデリンは、フルシティローストという深煎り焙煎で、スマトラマンデリンの持つ個性を最大限に引き出しています。苦味のあるコーヒーは目覚めの一杯としてもおすすめです。

自家焙煎の最高級クイーンスマトラマンデリンはブラザーズ・コーヒーへ 苦味・香り・コクが楽しめる

数多くあるコーヒーの銘柄の中でも、スマトラマンデリンは酸味が少なく、苦味と香り、そしてコクが楽しめる重厚な味わいです。リフレッシュしたいときの一杯として、日本人に人気があり馴染みのある味わいとなっています。

ブラザーズ・コーヒーでは最高級スマトラマンデリンである「クイーンスマトラマンデリン」をはじめ、様々な銘柄やブレンドコーヒーを自家焙煎して取り扱っています。最高品質の豆のみを厳選していますので、ぜひ一度味わってみてください。

本格自家焙煎のスマトラマンデリンなら通販の「ブラザーズ・コーヒー」

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

厳選ハワイコナコーヒーの栽培の歴史 味・香り・酸味の秘密と飲み方

コーヒー愛飲家からも人気があり、厳選された豆のみが名乗ること許されているハワイコナコーヒーは、どんな歴史を持ったコーヒーなのでしょうか。
こちらでは、コーヒー通なら知っておきたい、ハワイコナコーヒーの栽培の歴史や酸味・香りの特徴、そして美味しく飲める飲み方をご紹介します。

ハワイコナコーヒー栽培の歴史と現在

赤く熟したコーヒーの実

コーヒーの木が初めてハワイにやってきたのは、1820年代と言われています。オアフ島の総督ボギがリオ・デ・ジャネイロからコーヒーの木をハワイに持ち帰り、キリスト教の宣教師が観賞用として移植したそうです。

その後1840年代に入ると、ハワイ島のカイルア・コナ地区の中にあるコナ地区で栽培に成功し、コナ地区を中心としてコーヒーの栽培が行われるようになりました。その後衰退と繁栄が繰り返され、高級品質と呼ばれる現在のコナコーヒーとしての地位が確立されていきます。コナコーヒーの主流となっているティピカ種は1982年にグアテマから導入されました。

現在ハワイ島以外のハワイの島々でもコーヒーの栽培が行われていますが、カイルア・コナ地区で栽培されているコーヒーが有名であり、厳格な基準に基づいて厳選された生豆は最高級の品質を誇っています。

この土地はコーヒーを栽培するのに最も適した環境となっており、品質の良いコーヒー豆が育ちます。コーヒーは有機栽培で育てられ、機械を一切使わずに完熟した豆だけが人の手によって摘み取られているのです。手間暇かけて育てられた100%のハワイコナコーヒーは、全世界のコーヒー生産量の1%以下で、とても貴重なものとなっています。

ブラザーズ・コーヒーはハワイの品評会でも優勝したことのある「アロハキングコーヒー」を取り扱っています。厳選されたコナコーヒーの中でも最高ランクのエクストラファンシーに格付けされた上質なコーヒです。

アロハキングコーヒーはこちら

ハワイコナコーヒーの味や香り・酸味の秘密

ハートのラテアートをしたコーヒー

ハワイコナコーヒーの味の特徴は、はっきりと強気を感じることができる酸味と飲んだ後の短い余韻です。香りは南国のフルーツを思い起こさせるような芳醇さで、マイルドな味わいと甘みを感じることもできます。コクをしっかり感じられるにも関わらず、苦味はそれほど強くないので、飲みごたえがありながらも飲みやすいコーヒーとなっています。

ハワイコナコーヒーを初めて飲んだ方の中には、その酸味に驚かれる方も少なくありません。味が劣化した酸味だと誤解される方も多いですが、ハワイコナコーヒーの酸味は柑橘系のフルーティーな味わいです。コーヒーが評されるとき、果物のようなすっきりとした酸味は良い酸味として評価されます。

特にコーヒー豆が新鮮なうちは、コナコーヒー特有のフレッシュな酸味と高い香りが楽しめます。保存するときもコーヒー豆が酸化しないように、密閉された容器に入れて保存しましょう。
アロハキングコーヒーは、ハワイの農園で厳選されたエクストラファンシーのコーヒー豆を農園から直入し、自家焙煎したものです。花やフルーツを連想させる爽やかな酸味と香りを楽しんでください。

ハワイコナコーヒーの美味しいおすすめの飲み方

ハワイコナコーヒーをより美味しく飲むためには、まず焙煎方法にも注目しましょう。コナコーヒーの酸味を生かすことができる焙煎方法は、ミディアムローストからシティローストです。深煎りしてしまうと、ハワイコナコーヒーの持つ酸味や特徴的な香りが損なわれてしまいます。

次に、ハワイコナコーヒーのマイルドな味わいを楽しむために、70〜80℃の低温のお湯で淹れましょう。コーヒーは低温のお湯で淹れると酸味をより引き出すことができます。反対に高温のお湯で淹れてしまうと苦味が引き出されてしまうので、ハワイコナコーヒーの持つマイルドさを感じにくくなってしまうのです。

すっきりとした味わいを楽しみたい方はコーノ式やハリオ式のドリッパーで、甘みをしっかり楽しみたい方はメリタ式のドリッパーやフレンチプレスで淹れることをおすすめします。

厳選された最高ランクのエクストラファンシーコナコーヒー100%の「アロハキングコーヒー」は、南国を思わせる甘くフルーティーな香りと、柑橘系の酸味が特徴です。ブラザーズ・コーヒーではハワイコナコーヒー以外にもたくさんの自家焙煎コーヒーを取り扱っていますので、お気軽にお買い求めください。

厳選されたハワイコナコーヒーを楽しむならブラザーズ・コーヒーへ

せっかくハワイコナコーヒーを飲むのなら、その味を最大限に楽しめるようにして飲みたいものです。低温で淹れて、まるでハワイにいるかのような気分になれる特徴的な香りや酸味を楽しみましょう。

ブラザーズ・コーヒーで取り扱っている「アロハキングコーヒー」は、ハワイコナコーヒーの中でも厳選されたエクストラファンシーランクの商品です。自信を持っておすすめできます。

香りも楽しめる厳選ハワイコナコーヒーなら通販の「ブラザーズ・コーヒー」へ

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

厳選ハワイコナコーヒーを販売 特徴や通販で購入できる商品「アロハキングコーヒー(商標登録済)」を紹介

コナコーヒーという名前を聞いたことがある方は、なんとなく「ハワイのコーヒー」ということはご存知かもしれません。ハワイコナコーヒーはハワイで生産されているコーヒーの中でも、特に厳選された最高品質の豆を使用したものです。
こちらでは、ハワイコナコーヒーの特徴や通販で購入可能な商品をご紹介します。

ハワイコナコーヒーとは?

コーヒーを飲む白いシャツの女性

日本でもハワイアンレストランの流行とともに知名度がアップしているハワイコナコーヒーは、ハワイを原産とするコーヒー豆の銘柄です。ハワイ島にコナ地区と言うエリアがあり、この地で栽培されたアラビカ種のコーヒーがコナと呼ばれます。現在ではほかのハワイの島でもコーヒー栽培が行われていますが、コーヒーを栽培するのに最適な条件が揃っているコナ地区で育ったコナコーヒーが最高品質です。

ハワイコナコーヒーの生豆は、その独特の青緑色が特徴です。豆の品質によってランク分けされていて、最高品質の「エクストラファンシー」から「プライム」までの5等級のみが、コナコーヒーと名乗ることを許されています。希少価値が高い高品質の高級コーヒーとして、ホワイトハウスの御用達コーヒーとなり、コーヒー愛飲家からも人気があります。

ブラザーズ・コーヒーでは、自家焙煎のコナコーヒー「アロハキングコーヒー」を取り扱っています。厳選された豆だけを使った商品で、ハワイから生豆を直輸入しています。当店の自家焙煎コーヒーの中でもかなり人気の高いコーヒーですので、ぜひ一度お試しください。

ハワイコナコーヒーはこちら

ハワイコナコーヒーの3つの特徴

ホワイトハウスでも御用達のハワイコナコーヒーは、次のような特徴を持っています。

厳格な格付け

ハワイコナコーヒーの特徴として、厳格な格付けが挙げられます。ハワイコナコーヒーとして認められている等級は、上から「エクストラファンシー」「ファンシー」「No.1」「セレクト」「プライム」です。ハワイ州農務局がサイズ・香り・色・欠点豆の数など、厳格な基準で等級を決めています。
プライム以下の等級のものは、いくらコナ地区で栽培・収穫されたものであっても、コナコーヒーと名乗ることができず、ハワイアンコーヒーと呼ばれています。厳格な基準によって厳選された豆だけが、ハワイコナコーヒーとして出回っているのです。

価格が高い

「コーヒーの王様」と呼ばれるブルーマウンテンの次に価格が高いことも、ハワイコナコーヒーの特徴です。その理由は、作付面積が狭く収穫量が少ないことのほか、コーヒー栽培を行っている国の中で唯一の先進国ということもあり、栽培する土地の価格や人件費が高いことも挙げられます。

コナ・ブレンドは安価

ハワイコナコーヒーは価格が高いことで知られていますが、中には「コナ・ブレンド」と表記された安価な商品を見かけたことがある方もいるかもしれません。ハワイの法律ではブレンドされたコーヒーのうち、10%以上のコナコーヒーであれば「コナ・ブレンド」と表記できると認められています。コナと書かれていても割合をしっかり見ないと、ほかのコーヒーの要素がかなり高い可能性もあります。

ブラザーズ・コーヒーでは、厳選された自家焙煎コーヒー豆を取り扱っています。取扱商品が多いため、好みに合わせてお選びください。

通販で買えるハワイコナコーヒーを4商品紹介

アロハキングコーヒー

こちらでは、通販で注文できるハワイコナコーヒーを4商品紹介します。

ディアムローストで自家焙煎された「アロハキングコーヒー」

会社名 ブラザーズ・コーヒー
商品名 アロハキングコーヒー(商標登録済)
価格 7,020円
内容量 200g
商品状態 選択可能
商品詳細 コナコーヒーのなかでも最高ランクであるエクストラファンシーに格付けされたコーヒー豆です。南国らしい華やかな香りと柑橘系に似た酸味は、一度飲むと虜になってしまいます。酸味を感じられるミディアムローストで、自家焙煎されたコーヒー豆です。

厳選されたハワイコナコーヒーを味わうならブラザーズ・コーヒーへ アロハキングコーヒーは人気商品

希少価値が高い高級コーヒー・ハワイコナコーヒーは、コーヒーを愛飲されている方には一度は味わっていただきたいコーヒーです。コナコーヒー独特の香りとすっきりとした味わいは、一度飲むとやみつきになってしまうでしょう。

ブラザーズ・コーヒーの通販では厳選した様々な銘柄のコーヒーを取り扱っていますが、その中でもアロハキングコーヒーは特に人気の高い商品となっています。ハワイの品評会でも優勝した格別なコーヒー豆を、ぜひご自宅で味わってみてください。

厳選されたハワイコナコーヒーをお求めなら通販の「ブラザーズ・コーヒー」へ

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

通販で自家焙煎コーヒー豆を注文する前にチェック!おすすめの淹れ方とQ&A 高級豆もご用意

おいしい自家焙煎コーヒー豆を購入したら、淹れ方にもこだわってみることをおすすめします。コーヒーは淹れ方でも大きく味が変わるので、ポイントを知っておいて損はありません。
こちらでは、コーヒー豆のおいしい淹れ方と、通販で注文される方から寄せられる質問とその回答をご紹介します。

自家焙煎コーヒー豆を購入したらお試しを!コーヒーの基本的な淹れ方のポイント

コーヒーミルと白いコーヒーカップ

通販で自家焙煎のコーヒー豆を購入したら、コーヒーをより美味しく飲めるように、ポイントを押さえてコーヒーを淹れてみましょう。

器具に合わせてコーヒー豆を挽く

ご自宅でコーヒーを飲むときにご自身で豆を挽くのであれば、サイフォンなのか、ドリップなのか、パーコレーターなのかによって挽き方を変えましょう。サイフォンなら「細か挽き」、ドリップなら「普通挽き」、パーコレーターなら「荒挽き」で豆を挽きます。挽くときに発生する熱はコーヒーの味と香りを変えてしまいますので、できるだけ短時間で豆を挽くのもおいしく淹れるコツです。

器具類を清潔にしてカップを温める

コーヒーの香りを楽しむためには、器具を清潔にしておきましょう。生乾きなどで異臭が漂ってしまっていては、コーヒーの美味しさが損なわれてしまいます。またカップを事前に温めておけば、コーヒーから漂う豊かな香りとフレッシュな味わいを存分に楽しむことができます。

飲む量だけを淹れる

せっかく高級なコーヒーを淹れても、時間が経ってしまい再び沸かし直してしまうと味が劣化してしまいます。「面倒だから一度に淹れたい」という気持ちもわかりますが、コーヒーを飲むときはすぐに飲む量だけを淹れるようにしましょう。

コーヒーの量は10〜12gを目安に

ドリップ式で淹れるならコーヒーの粉は10gがおすすめです。サイフォン式の場合は12gを目安にしましょう。


ブラザーズ・コーヒーでは、豆・粉・ドリップの3タイプの自家焙煎コーヒー豆を販売しています。ホームページからご注文できますので、ぜひチェックしてみてください。

こだわりの製法についてはこちら

水や温度によるコーヒーの味わいの違い 高級コーヒー豆ならブラザーズ・コーヒーへ

コーヒーをドリップする

コーヒーの味わいは、水の種類や淹れるときのお湯の温度によっても変わってきます。

水によるコーヒーの味わいの違い

ミネラルウォーターを使ってコーヒーを淹れる場合、軟水なのか硬水なのかで味に変化が生まれます。飲みやすい軟水でコーヒーを淹れるとコーヒーの味が引き立ち、本来の味わいを楽しむことができ、マイルドな味わいになるのが特徴です。一方硬水で淹れると、コーヒーの苦味が強く出ます。特にマグネシウム成分が多い硬水の場合は、苦味が顕著に出やすいです。それぞれ好みがあると思いますので、色々なミネラルウォーターで試してみることをおすすめします。
また、必ずしもミネラルウォーターで淹れる必要はありません。日本の水道水は水質がいいので、水道水を使っても美味しいコーヒーが楽しめます。ただし水道水を使うときは、いくつか注意したいポイントがあります。
まず一つ目は、カルキ臭を抑えることです。浄水器を使うとカルキ臭は軽減されますが、ない場合は一度水道水を沸騰させてから使うことをおすすめします。また朝一に蛇口から出てくる水は、新鮮な水ではないのでおすすめできません。しばらく水を流してから使うようにしてください。そして古くなった水道管からは、鉄分も一緒に出てくることがあります。鉄分はコーヒーの味わいを損なってしまうので、その場合は水道水を使うのはやめたほうがいいでしょう。

お湯の温度による味わいの違い

どれくらいの温度でコーヒーを淹れるかによっても、コーヒーの味に違いが生まれます。低温のお湯で抽出した場合、苦味や酸味が出づらくスッキリした味わいを楽しむことができます。しっかりとコーヒー豆の持つ苦味や酸味を味わいたいのであれば、高温のお湯で抽出するのがおすすめです。実際に飲むときは、60℃までの温度で飲めば美味しさを感じることができます。

自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーでは、高級豆からリーズナブルなものまで取り扱っています。好みやニーズに合わせてご注文ください。

自家焙煎コーヒー豆の通販に関するよくある質問

実際に当店の通販で自家焙煎コーヒー豆を購入された方から寄せられる質問を紹介します。

Q.送料はかかりますか?

A.ブラザーズ・コーヒーでは、送料を700円(東北地方・北海道は800円、沖縄県は1,800円)頂戴しています。ただし、5,000円以上ご購入の場合、送料無料でお届けいたします。

Q.支払い方法を教えてください。

A.お支払い方法は、

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニエンス決済
  • PayPay

をご用意しています。銀行振込みの場合、お振込手数料はお客様にご負担いただいています。

Q.いつ頃届きますか?

A.ご注文いただいてから、5営業日以内で発送いたします。一部出荷が遅れる場合は、メールにてお届け日時をご連絡いたします。

Q.配送日・配送時間の指定は可能ですか?

A.配送日時はご指定いただけるので、ご都合のよろしいときに、お受け取りいただけます。
ご指定いただける時間は、

  • AM
  • 12~14時
  • 14~16時
  • 16~18時
  • 18~21時

でございます。

Q.注文内容の変更は可能ですか?

A.1日以内であれば可能ですが、2日目からは焙煎工程になりますので変更はできません。

Q.返品・交換は可能ですか?

A.相当な理由(不良品など)があれば可能です。

Q.熨斗の対応は可能ですか?

A.可能です。注文時にお申し付けください。

Q.プレゼント用に包装は可能ですか?

A.可能です。お気軽にお申し付けください。

ブラザーズ・コーヒーでは、様々な自家焙煎コーヒー豆を取り扱っています。何かご不明な点があれば、なんでもお問い合わせください。注文前のお問い合わせも受付けています。(在庫品がない場合は発注後の10営業日前後の発送になります。)


自家焙煎のコーヒー豆を通販で扱うブラザーズ・コーヒーでは高級豆もご用意 お気軽に注文を

せっかく高級な豆を注文しても、淹れ方が適当になってしまうと、コーヒーの味わいを十分に楽しむことができません。次にコーヒーを飲むときは、こちらで紹介した方法を参考にしてコーヒーを淹れてみてください。きっと今まで以上に美味しいコーヒーが楽しめます。

自家焙煎のコーヒー豆を楽しんでみたいという方は、ぜひブラザーズ・コーヒーの通販をご利用ください。厳選して選んだコーヒー豆を、丁寧に焙煎してお届けします。高級なスペシャリティコーヒーもご用意していますので、ぜひご注文ください。

自家焙煎のコクのあるコーヒー豆が通販で手に入る「ブラザーズ・コーヒー」

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

通販で自家焙煎コーヒー豆を選ぶ際のチェックポイント キリマンジャロやマイルドブレンドなどを販売

近頃は、通販でコーヒー豆を購入される方も多いのではないでしょうか。通販は便利ですが、実際に豆の香りや色を確かめることができないため、どの豆を選べばいいか悩んでしまう方もいることでしょう。
こちらでは、自家焙煎のコーヒー豆を販売しているブラザーズ・コーヒーが、コーヒー豆選びでチェックしたいポイントを解説します。

通販でコーヒー豆を選ぶ際の3つの基本

青いスプーンで掬ったコーヒー豆

コーヒー豆を通販で探す際は、次の3つをチェックしましょう。

銘柄

通販でコーヒー豆を買うなら、ご自身の好きな銘柄から探すのがおすすめです。同じコーヒーでも銘柄によって苦みや酸味、そしてコクは大きく異なります。
例えば、キリマンジャロは強い酸味と深いコクがあり、グアテマラは酸味とコクに加えて豊かな甘い香りを楽しめます。ハワイコナはブレンドすることで酸味を加えることができ、南国らしい華やかな香りが特徴です。缶コーヒーの人気銘柄でもあるエメラルドマウンテンは、程よい酸味と甘みでバランスのとれた味わいを楽しめます。
特にこだわりはないという場合は、「コーヒーの王様」と称されるブルーマウンテンや、ブルーマウンテンが登場するまでは世界一の銘柄と言われていたマンデリンなどがおすすめです。色々と試してみて、自分好みの銘柄を見つけてみましょう。

焙煎度

コーヒーの味は銘柄だけでなく、焙煎度によっても異なります。焙煎が浅いものほど酸味が強くなり、焙煎が深いものほど苦味が強く出るので、好みに合わせて選んでみましょう。
また、焙煎度によってコクも左右されます。「ミディアムロースト」「ハイ・ロースト」「シティ・ロースト」「フルシティ・ロースト」など焙煎にも名前が付いていますが、一般的に人気が高いのはスタンダードなハイ・ローストです。

ストレートとブレンド

販売されているコーヒーはストレート、もしくはブレンドに分けられています。ストレートは1つの産地で収穫されたもので、銘柄で選ぶ場合はストレートを選ぶことになります。ブレンドは複数の産地で収穫された豆をブレンドしたもので、コーヒーの味わいのバランスを考えてコーヒー豆が混ぜられています。ストレートの場合はコーヒー豆の個性が全面に出るので好き嫌いが分かれてしまいますが、ブレンドはより幅広い味を楽しめるというメリットがあります。


ブラザーズ・コーヒーでは、ハワイコナ・キリマンジャロ・ブラジル・グアテマラ・スマトラマンデリンなどの銘柄をすべて自家焙煎して販売しています。
ブラザーズ・コーヒーで行う自家焙煎は、「吟醸焙煎」です。
輸入されたコーヒー生豆は、虫食い予防のために強い消毒がされています。そのため、焙煎する前に活性水素水で手洗いします。天日干しをした後、一つひとつ手作業で欠点豆や石粒、木屑といった異物を取り除いていきます。このハンドピックの作業は焙煎の前後で行います。そうすることで、えぐみの少ないコーヒーを抽出することができるのです。
さらに、粉にする作業でもひと手間かけています。焙煎した豆をすぐに粉にするのではなく、一度粗挽きをします。粗挽き後、豆の内壁の薄い皮を風で飛ばした後に粉にしているため、より純粋なコーヒーの味をお楽しみいただけます。

本格自家焙煎のマイルドブレンドもご用意していますので、通販でコーヒー豆をお探しなら、ぜひ一度お問い合わせください。

通販のコーヒー豆は飲み方で選ぶ

囲んで飲むコーヒー

コーヒー豆を通販で購入する場合は、どういった飲み方で普段コーヒーを楽しんでいるかによっても選ぶことができます。

ブラック

コーヒーを飲むときはブラックで楽しむという方は、お好みの銘柄があるのであれば、浅煎りか中煎りの焙煎で酸味や苦味のバランスが取れているものを選ぶのがおすすめです。ブラックで楽しむ焙煎で、国内人気があるのは「フルシティ・ロースト」。コーヒー本来の味わいを感じることができます。
また、ブレンドタイプのコーヒーは味わいのすべてのバランスを考えて調合されているので、ブラックとして飲むにはおすすめの種類です。銘柄のこだわりがない場合やご家族全員でブラックコーヒーを飲まれる場合は、マイルドブレンドを選べば間違いありません。

カフェオレ・カフェラテ

カフェオレやカフェラテなど、ミルクを入れてコーヒーを飲むのであれば、苦味とコクが強い深煎りの「フレンチロースト」などがおすすめです。フレンチローストの持つコクは、ミルクや砂糖の甘みとの相性が良いと言われています。
ミルクを入れる場合におすすめの銘柄は、苦味とコクをしっかりと感じることができるマンデリンです。マンデリン特有の苦味とコクがミルクとしっかりマッチするので、美味しいカフェオレやカフェラテを楽しむことができるでしょう。

アイスコーヒー

コクがあるアイスコーヒーを楽しみたい場合には、深い焙煎をしたコーヒー豆がおすすめです。一方すっきりとキレのある味わいを求めている方には、浅煎りのコーヒー豆をおすすめします。


どのようにしてコーヒーを楽しむのかによっても、ぴったりなコーヒー豆は変わってきます。通販の場合は実際に香りが楽しめないので、それぞれの豆の持つ特徴を見ながら選んでみましょう。

ブラザーズ・コーヒーでは、あらゆる種類のコーヒー豆を自家焙煎(吟醸焙煎)してご提供します。ドリップタイプもありますので、用途に合わせてお選びください。

こだわりの製法はこちら

コーヒー豆は産地・価格も重要

通販でコーヒー豆を選ぶときには、銘柄や飲み方以外にもチェックしておきたいポイントがあります。

産地

同じ銘柄のコーヒー豆であっても、産地によって味に違いが生まれます。コーヒー豆の産地として有名なのはアフリカや南米ですが、東南アジアで生産されているコーヒー豆もあります。土地の個性が味に表れるので、一度飲んで気に入った産地があれば覚えておき、次回からのコーヒー豆選びに役立てましょう。

価格

毎日コーヒーを飲む習慣がある方も多いでしょう。だからこそ、価格もコーヒー豆選びに大切な要素のひとつです。1杯コーヒーを飲むのに10gの豆が必要になるので、1杯あたりの価格を計算して1ヵ月あたりにどれくらいかかるか計算してみるのもいいでしょう。
コーヒー豆として知名度もあるキリマンジャロは比較的購入しやすい価格です。

ブラザーズ・コーヒーでは、様々な産地のコーヒー豆の良さを最大限に引き出せる自家焙煎(吟醸焙煎)を行っています。コーヒーの価格帯から商品を選んでいただくこともできますので、ぜひホームページをチェックしてみてください。

自家焙煎(吟醸焙煎)のコーヒー豆を通販で扱うブラザーズ・コーヒーではキリマンジャロなど様々な銘柄をご用意 マイルドブレンドもおすすめ

コクや苦味の強いコーヒーが好みなのか、また酸味が強くすっきりとしたコーヒーが飲みたいのかなど、人によって飲みたいコーヒーの味は様々です。通販でコーヒー豆を選ぶときには、ご自身の好みを考えてみると選びやすくなるでしょう。

ブラザーズ・コーヒーでは、自家焙煎(吟醸焙煎)のコーヒー豆を豆・粉・ドリップの3タイプで販売しています。それぞれの味わいが一目でわかるようにまとめていますので、購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。本格自家焙煎のマイルドブレンドもご用意しています。

自家焙煎のコーヒー豆を通販でお探しなら「ブラザーズ・コーヒー」

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

コラム一覧

自家焙煎のおいしいコーヒー豆が通販で購入できる「ブラザーズ・コーヒー」のコラム

ショップ名 本格自家焙煎ブラザーズ・コーヒー
所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原5丁目2-23
TEL 0859-33-7570
FAX 0859-34-3612
Mail info@puroteajapan.jp
URL https://puroteajapan.jp/

ページトップへ