会うは別れの始め
   
 

会うは別れの始め

出会った人とは、何時か必ず別れなければならない。

世の中は有為転変(いうてんぺん)が多く、喜びは長く続かないことを喩えた言葉である。
*これまでの人生で何人の人と出会っただろうか?

両親、兄弟、祖父母、親戚、先生、学友、同僚等々数えきれない。

そして、良き思い出が多いか?嫌な思い出が多いか?

良いことが多ければもんだいはないが、そうとばかりは言えないようだ。

それが人生かもしれない。

そうであるならば瞬間瞬間、誠意を尽くして悔いのない生活をしたいものだ。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ