ブラザーズ珈琲物語3

3,泥縄開店悲喜交々 順序が前後するが、ブラザーズ珈琲店をオープンするまで実にいろいろあった。こんなことを言えば当然のことだと普通の人は思うだろう。しかし、こと、ブラザーズ珈琲は普通ではなかった。何せ、何もない所から始まったのだった。技術もない、経験もない、資金もない、人材もない。身内から非難は半端なかった。また、外部の卸商社、同業者、あざ笑い、にやけ笑いなど、いくら楽天的な者でも分からないはずはなかった。コーヒー生豆を焙煎する前にハンドピックしていると卸商社の支店長が訪ねてきた。そんな方法で手間をかけて採算が合うんですかねぇ。無礼者これは献上品であるぞ、と言いたいのだけれど、耐えるしかなかった。もう来るなと言って取引を切った。 又は新しく開店するといろんな人々が来店する。黙って座って店の中をジロジロ見渡してコーヒー一杯だけ飲んで帰る者。又は店内の写真を黙って撮って帰る者。又は一杯のコーヒーをじっくりと見つめ、一口飲んでは3分待ち又一口、そしてまた3分経ってまた一口。今度はミルクを入れて又一口と飲んで黙って帰っていく。コーヒー好きな人間って無口で気難しそうだなと思ったものである。でも、接客しないで楽な商売だとも思った。実はこれがバカの素人だ。これらは殆ど同業者又はその使いのものであったことが最近になって分かった。 その当時師匠から時々苦言があった。お前のところのコーヒーの悪口を言われると堪らんぞ。師匠は何でそんなことを言うのかなぁという程度の思いしかなかったが、今から思えば、みんな探りに来ていたスパイだった。結局は私ではなく、師匠がバカにされ、笑われていたのだった。こんなに恥ずかしく情けないことはなかった。何が何でも早く一人前になり師匠はじめ、家族や仲間たちに安心してもらいたかった。いつも我々が閉店前になると師匠の石門さんが訪ねてきて厨房に入り手取り足取り教えてくれた。その気持ちは痛いほどわかった。 ある時私は頭が痛くなって近くの大学病院に診察に行った。原因は無呼吸症候群で、睡眠が悪く脳が酸欠になっているといわれた。完全にストレスからくる睡眠不足で過労状態であった。故に宿泊での呼吸診察があった。一夜明けて退院手続きを済ませ帰ろうとして野外の渡り廊下を駐車場に向かっていると、途中でバッタリ石門さんに会ったのだ。なんで病院なんかに来ているんだとお互いに思ったのだ。何せ二人は健康でで病気とは縁のない体だったからである。 私は私の事情を話すと、あまり無理するな体が資本だと言ってくださった。で、師匠は何で病院なんかにいるのかと聞くとのどの奥に癌が発見されたのだ。それから千葉の方に優秀な癌の先生がいるという事で転院されたと聞いてかなり良くなったと風の便りで聞いてはいたが、大学病院の渡り廊下で立ちながら、最後は柱にすがりながらズルズルと座りながら話し込んだ時が最後の出会いだった。 それから2年もしないうちに葬儀の案内が来た。もっと自家焙煎の方法を学び師匠に喜んでもらいたかったものである。後悔先に立たずである。中々うまくいかず、憂鬱な時が過ぎていったが、良いこともあったのだ。最も反対していた家内が新品の1キロ焙煎機を買うことに賛成してくれた。そして生産量が足りなくなると今度は4キロ釜も購入し生産量は倍増した。中古というより卸業者リサイクル業者から仕入れて整備し中古品として売り出しいたのだった。わしたち夫婦は広島にあるセイコーコーヒーを尋ね現物を見て現金で買った。これが即ち焙煎師仲間では有名でありこれを持ち、使いこなしが極めて困難なことで有名で自慢の幻のぶた釜と言われる曰く付きの焙煎機であった。 そんなこととは露知らず、ホイホイと買ってしまったが、後が大変だった。何せ、図面もなければ、マニュアルもない、その上交換部品も無かった。製造会社は廃業していたのだった。壊れたらおしまいであった。故にいつも緊張して操作、整備にあたっている。始めて十年したころやっと満足出来るようになった。これだったら石門師匠にも胸を張って飲んでもらえると自信がわいてきたものである。 しかし、常に安心、慢心は禁物である。コーヒー焙煎は機械工学、電気工学、流体工学、熱力学、栄養学、調理学あらゆる知識と技術技能が必要である。多寡がコーヒー、されどコーヒーである。しかし私にはずぶの素人でも必ずできるという、やってやれない事はないという、根拠のない自信確信があった。工業高校機械科を卒業し、三菱電機IC製造技術を担当したものからすると、これらのすべての技術、技能、知識は準備していたのだった。私が自家焙煎コーヒー、そして喫茶店を経営していると聞けば親せきや、同級生は何でだろうと疑問に思うだろうきっと。しかし私にはわかる小さなコーヒー豆の中には宇宙がありあらゆる現代技術が込められている。実に神秘的な世界である。 今日はここら辺りでで休みましょう。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ