https://cabinet.rms.rakuten.co.jp/shops/puroteajapan/cabinet/06159906/06169789/imgrc0067539129.jpg
 

           

 

ブラジル・ブルボン200g

献上コーヒーの伝統技術を引き継いだ最高級自家焙煎コーヒーです。 深煎りコーヒーの妙味にたどり着いた献上コーヒーの境地。 苦味の奥から甘味が湧いて来て旨みになるこれが本物のコーヒーだ。 コクと苦味が特徴的なブルボンコーヒーは、希少価値がある人気のコーヒーです。

ブラジル・ブルボン200g

メーカー:有限会社プロテア・ジャパン
型番:BCC002
JANコード: 4589644610036
価格:

1,200円 (税込)

購入数:

商品状態

在庫

購入

在庫あり

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

■ 商品説明

こちらでは、自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーが、ブルボンコーヒーの歴史や特徴、味わいについて解説します。 ブルボンコーヒーの始まりは、1715年まで遡ります。 ユニオン島というインド洋に浮かぶ島に、宣教師の手によってイエメンからコーヒーの木が持ち込まれました。 当時ユニオン島はブルボン島と呼ばれていたため、この木にブルボン種という名前がつけられたと言われています。 1800年頃に入るとユニオン島に移植されたブルボン種は、再び宣教師の手によって様々な地域に持ち込まれるようになります。 1800年代後半に宣教師がケニアからアフリカ全土に布教を始めるようになり、それと同時にブルボンもアフリカ各国で根付いていきました。 また1860年代頃宣教師は南米にも足を伸ばし、ブルボンは現在のブラジル・サンパウロあたりに持ち込まれています。これをきっかけに南米全域でブルボン種のコーヒー栽培が広がるようになりました。 そこから現在までブラジルを中心にブルボン種の栽培は続いていますが、生産性の低い種なので改良されたものが出回るようになりました。 しかしブルボン種本来のもつ品質を保護しようという取り組みが始まり、近年その機運が高まっています。 自家焙煎コーヒー豆の通販を行っているブラザーズ・コーヒーでは、スペシャリティコーヒーに認定されているブラジル産のブルボンコーヒーを取り扱っています。 フルシティローストで焙煎されたブルボンコーヒーは、コーヒー通の方からも評価が高い人気商品です。 ブルボンコーヒーの味わいについて しっかりとした苦味と深いコクと甘味が特徴。 白いコーヒーカップに淹れたコーヒー。 古い歴史をもつブルボン種ですが、実は2年に1回しかコーヒーチェリーが収穫できない品種で、病気にも弱い繊細な木です。 栽培にも手間がかかりますし、希少価値のあるコーヒーとして知られています。

■ 商品仕様

製品名ブラジルブルボン珈琲
型番BCC002
JANコード 4589644610036
メーカー有限会社プロテア・ジャパン
製造年2021年
外寸法 幅200mm × 奥行40mm × 高さ250mm
製品重量200g

■ 商品説明

ブラジルブルボンコーヒー 原産地はブラジル共和国。 農園指定のスペシャリティコーヒーです。
ブラジルでは珍しい日影干しで丁寧に乾燥。
従来のブルボンより甘味とコクを引き出します。 ブルボン種のみを使用している為コーヒー本来の酸味は勿論、
独得な焙煎法により苦味の裏に甘味が秘められています。
更に農薬や輸入時検疫の為の消毒が健康の為にはかなりのダメージを与えますので、
浸透力の強い活性水素水により洗浄し、天日干しで乾燥します。
又、雑味、いぐみなどを完全に除去する為に乾燥の次には目視によるハンドピックで、変色、虫食い、割れ、貝殻豆(空洞)など完全に除去します。
この作業が品質、味を決定します。豆から粉にする工程をミルといいますが、2段階の作業を行います。
まずは粗挽きミルでコーヒー豆を2~3分割すると豆の内側に内皮があり、これが雑味の原因にもなりますので、
これを風で飛ばした上で仕上げのミル工程によりコーヒー粉が出来上ります。
この作業工程により通常のブラジルよりピュアでクリアーな香り、苦味の奥に甘味のあるコーヒーができあがります。




 
ブラジル
 
 
 
 
ハワイコナなどの自家焙煎珈琲豆の米子の専門店ブラザーズ・コーヒー
 
 
 
 
 
 
 

ページトップへ